研究所HP挨拶

 当研究所は1986年に開所しました。
 研究所員は高校の教職員、大学教員、生徒支援にかかわる関係機関のスタッフなどにより構成されています。開所以来、所長制ではなく代表制を採用していますが、これはこれらのメンバーが対等な立場で研究し、発言をすることを重視するためです。
 これまで、現場の教職員が気になる動きを中心として、教育に関する様々な動き、高校生をとりまく状況、教職員をとりまく状況などについての研究所の独自の調査の結果から、映画の紹介、文献の書評、さらには世界の動向まで、幅広い発信を心がけてきました。
 また、扱うテーマはこれからの教育を考えるために必要なものについて従来の枠組みにこだわることなく、多岐にわたり、新たな視点を模索しています。
 このHPを通して、多くの方々に研究所の活動及び成果を知っていただき、いろいろな声をお聴きしたいと思っています。

                    2016年 秋
教育研究所代表 中田正敏